七夕飾りの意味って知ってますか?

七夕飾りと短冊づくり

7月7日は「七夕」ですね!七夕といえば笹の葉ですよね。

 

七夕に欠かせないものといえば、笹につるす七夕飾りと短冊。

 

奈良時代は五色の糸を、村町時代には硯(すずり)や墨、短冊に和歌をしたためたものを納めていました。

 

私達の子供のころは、短冊に願い事を書いて、七夕の日に燃やすと、願いが煙にのって天に届いて、願いが叶うって小さいときに教えられて、毎年真剣に短冊を作っていたのを思い出します。

 

現在のように笹竹に飾りや短冊を結びつける風習が始まったのは江戸時代からで、天の神様への目印として7月6日の夜から笹竹を立て、無病息災や商売繁盛、習い事の上達などを象徴する色紙の飾り物や願い事を書いた短冊をつるしました。

 

宮中行事で願い事を書いた梶の葉は短冊になり、五色の糸は切り紙細工や吹流しへと変わっていきました。

 

七夕飾りが普及し、それぞれの家で趣向を凝らしてつくられるようになるにつれて、飾りをつくる職人や売り歩く人も出てきたそうです。

 

 

七夕飾りに込められた意味

そもそも、七夕の短冊って、作る形がいつも決まっていました。

 

自分が子供の頃は、何も考えずに作っていましたが、子供の幼稚園での七夕参観で、毎年飾りを作って、笹の葉に飾るのですが、そこで始めて短冊の意味を知りました。

 

「ちょうちんかざり」

「ちょうちんかざり」は、白の折り紙で筒を作って、それより少し大きい黄色の折り紙を半分に折り、1cm間隔で切れ目を入れ、開いて白の折り紙で作った筒に、上下の端を合わせてのりで貼って作るちょうちんですよね。

 

これって、ただ、「わぁ、ちょうちんだ!」ってミニチュアみたいなちょうちんに満足していました。

 

筒の端に黒い帯を貼り付けて、さらにちょうちんっぽくしてみたり、中の筒に、赤い炎なんかを書いて、リアルなちょうちんにしてみたりして、子供ながらに「ちょうちん」を極めることばかり考えて作っていたのを覚えています。

 

でもこれ、「願い事を書いた短冊を、明るく照らす」っていう意味があったんですね。言われてみれば、笹の葉にちょうちんを付けるっておかしいですもんね。

 

なるほど!!でも、うちの兄は、青色が好きだからという理由で、中が青いちょうちんとか、緑色のちょうちんとか作っていましたが・・・。

 

青や緑では願い事を書いた短冊を、明るく照らすことはムリだと思いますが・・・願い事は叶ったのでしょうか・・・。
その他にも、色々なものがあるので、リストにしてみました。

 

  • 紙衣(かみこ):女の子の裁縫の腕が上がりますように
  • 布着:昔は巾着は財布の代わりだったため金銭運UPしますように
  • 網飾り:魚を捕らえる投げ網を豊魚への願いをこめて
  • くずかご:整理整頓、後片付けがきちんと出来るように
  • ふきながし:織物が上手になりますように
  • 千羽鶴:長寿を願うシンボルであり、家族が長生きしますように
  • 短冊:学問や芸事の上達など様々な願い事




 
「ねじりあみ」

この飾りが「ねじりあみ」という名前であることを、子供ができて初めて知りました。

 

これは、折り紙を縦に2回折ってから、左右から互い違いに切れ目を入れて、紙を広げると、本当の網みたいに、ビヨンビヨンって伸びるんですよね。これも、いかにキレイな網を作るかとか、いかにきれいに伸びる網を作るかっていうことに一生懸命になっていて、意味なんて全く考えていませんでした。

 

 

これは、「海で魚がたくさん採れ、また、作物がよく実るように」という願いをこめた短冊だったんですね。よく考えてみるとこれ、小さいときは「網」ってことすら知らずに作っていました。最初は海の波だと思っていたんです。だからよく水色の折り紙で作っていたのを覚えています。

 

 

 「紙ごろも」

 「紙ごろも」もよく作りましたね。小さい頃は、なんで着物なんて笹の葉に付けるんだろう?ってとっても不思議でしたが、着物のミニチュアみたいでかわいかったので、意味なんて考えずに、いかにかわいい模様の折り紙を見つけて折るかっていうことばかりに一生懸命になっていたのを思い出します。

 

でも、少し大きくなって、手紙とかを「シャツ」の形に折るのが流行ってから、着物じゃなくてシャツを作って飾っていました。

 

 

でもこれにもきちんとした意味があって、「裁縫や機織が上達するように」という願いを込めた紙の着物のかざりだったんですよね。全く知らなかったので、簡単にできるシャツを飾っていたなんて、今考えると笑ってしまいますよね。

 

 

「星のふきながし」

他に「星のふきながし」というのも作っていました。

 

これ、小さい頃は流れ星みたいに見えるので、「流れ星」って勝手に名前を付けてました。これは、短冊を作るための材料を、学校や子供会でもらえたので、自分で材料を用意したことはなかったのですが、薄くて柔らかい、白い長い紙をもらって、一方の端に厚紙を貼り付け、白い紙は何回か折って、細く長く切って開き、筒状にすると、流れ星の箒の部分のようなものが出来上がります。

 

そこにいろんなキレイな色で作った星をたくさん付けて、流れ星のような飾りを作っていました。

 

 

 あまりに細く切りすぎると、ものすごく絡まって、直そうと引っ張るとすぐちぎれてしまって大変だったのを覚えていますが、結構扱いが難しいので、友達はナイロンテープを何本も端に貼り付けて、ナイロンテープを裂いて作っていましたよ。
でも、これも、「織姫星の機を織る糸にみたてた、ふきながし」という意味があったのですね。全然知らなくて、いかに細くキレイな流れ星にするかということばかり考えていました。

 

 

織姫様と彦星様

忘れてはいけないのは、織姫様と彦星様ですよね。あとは、願い事を書く短冊です。

 

短冊キットをもらえるときは、キットの中に織姫様と彦星様があったので、着物を作ったりするだけでよかったのですが、自分で作ろうと思うと、髪形とか難しいですよね。



でも、子供の笹の葉の飾りで感動したのは、「ランドセル」があったことです。

 

しかも立体なんですよ!これは幼稚園の先生が「小学校に行っても、元気にがんばれますように」という願いを込めて作らせたようです。
男の子は黒、女の子は赤やピンクで作られていて、ちゃんと背負う所もありました。ミニチュアみたいで本当にかわいかったですよ!

 

さらにビックリしたのは、「牛」とかも飾りにあったんです。しかも立体的!これには何の意味があったのでしょうか・・・。

 

 

 願い事を書く短冊にも昔の習わしがあるんです

七夕飾りの五色の短冊には、「七夕」や「天の川」などの文字のほか、いろいろな願い事を書きます。

 

この時、昔の人は、サトイモの葉に溜まった「夜つゆ」をすずりに集め、そのつゆで墨をすって、短冊に字を書くということが行われていました。
サトイモの葉に溜まったつゆを、「天の川のしずく」と言っていたんだそうです。

 

私たちも、一度は天の川のしずくで、短冊に願い事を書いてみたいですね。

 

折り紙などで七夕飾りをこしらえるとき、皆さんはどどうだったでしょうか?
江戸時代から好んでつくられてきた代表的な飾りには、私達の知らないさまざまな意味があるんですね。

 

今年は自分たちの家族の願いに合うものを選んでつくり、たくさんつるしてみてはいかがでしょうか。

 

【飾りの名前と意味】

●紙衣/裁縫の腕が上がりますように
●巾着/お金が貯まりますように
●投網/豊漁に恵まれますように
●吹流し/織姫のように機織が上手になりますように
●折り鶴/家族が長生きしますように
●短冊/願い事がかないますように
●菱飾り/星が連なる天の川をイメージ
●ちょうちん/心を明るく照らしてくれますように
●織姫と彦星/ふたりのように永遠の愛が続きますように
●笹の葉/邪気から守ってくれますように
●星飾り/星に願が届きますように
●くずかご/整理整頓ができ、ものを粗末にしない子になりますように

 

 

 

■七夕送りで穢れを流す
七夕の原型のひとつである日本古来の神事「棚機津女(たなばたつめ)」では、天から迎えた神様を送り出す際、穢れも一緒に持ち去ってもらい、村人たちも禊をして穢れを洗い清めていました。
この故事が7月8日に七夕飾りを川や海に流す「七夕流し」の習慣につながりました。

 

現在は川や海に流すことが禁止されている地域も多く、イベント終了後に川から回収したり、燃えるごみに出さなくてはいけないなど制限があります。

 

味気ない気がする方は、水にひたすなどして簡略的に水に流してから処分するか、安全な場所で焚き上げるかするといいのではないでしょうか。