日本の五節句


日本の五節句

七夕は五節句のひとつ

季節の節目にあたる日

節句とは平安時代から続いていた日本の暦のひとつで、季節が移り変わる日とされていました。

 

節句には「節会(せちえ)」と呼ばれる宴会が開かれ、邪を祓い、健康長寿を願う伝統行事が行われました。

 

節句の中でも奇数が重なる日、1月7日の「七草の節句」(1月1日は別格のため7日があてられました)、3月3日の「桃の節句(ひな祭り)」、5月5日の「端午の節句」、7月7日の「七夕(星祭)」、9月9日の「重陽の節句(菊の節句)」を特に「五節句」といい、江戸時代には公的な祝日に定められていました。

 

現在は祝日ではなくなりましたが、季節の行事としてその風習はいまも私たちの暮らしの中に息づいています。




「七夕」はどうして「たなばた」と読む?

さて、昔から本当に不思議に思っていたのですが、どうして「七夕」と書いて「たなばた」と読むのでしょうか?不思議ですよね。「七夕」の「七」は「七月」の七でしょうか?
それとも「七日」の七でしょうか?

 

では「七夕」の「夕」は??子供の頃、「七夕」という漢字を習った時は、「七月七日の夕方に笹の葉を燃やして、その煙を織姫様と彦星様の所まで届けるから」という風に覚えました。

 

「七夕の由来」というページにも載っていますが、自分で勝手に作った理由が合っているのかどうか、他に意味があるのか詳しく調べてみました!

 

天の川

 

「七夕」と書いて「たなばた」と読む理由

旧暦の7月7日は先祖の霊を迎えるための棚と幡(はた)を出していました。

 

日本には、夏に川原につくった棚で、むすめが神様に供える布を織りながら神様を迎えるという「棚機女(たなばたつめ)」の言い伝えがありました。
七夕の夜に水辺で身を清めて、神様に汚れや災いをのぞいてもらうという習わしになっていたようです。

そのため「たなばた」は、古い時代は「棚機」または「棚幡」と書くのが一般的でした。

この棚と幡を出すのが7日の夕方と定められていたことから、7日の夕方の短縮形「七夕」が「たなばた」の当て字として使われるようになりました。

 

また、中国から、なくなった家族や、先祖の霊を迎えて供養する仏教のお盆の行事が伝わってきました。

 

わらや野菜で、霊の乗り物となる牛や馬を作って迎え、髪の飾りや、衣服を吊るし、冥福を祈る行事です。

 

旧暦の七月七日を「盆はじめ」「七日盆」などいうお盆行事の期間にあたり、様々な地域でお盆の準備として、墓掃除や、道の草取りなどが行われるようになりました。

 

一方、中国には、わし座のアルタイルを「牽牛星(けんぎゅうせい)」、こと座のベガを「織女星(しょくじょせい)」と呼び、一年に一度だけ、七月七日の夕方、牛を連れた牽牛星が、天の川にかかるカササギの橋を渡って、機を織っている織女星のところに会いに行くという伝説がありました。

 

そして、このふたつの星が七夕の夜に会えるよう、雨が降らないことを祈る星祭りが行われていました。

この七日の夜の伝説と行事が、奈良時代に日本に伝わりました。

 

さらに、「乞巧奠(きこうでん)」といって、裁縫や文字などの技芸がうまくなるよう、二つの星に願う行司も中国から伝わり、宮中で行われるようになりました。

 

このような習わしが交じり合い、江戸時代には、今と同じように、七夕に五色の糸や布、願い事を書いた短冊を笹竹に吊るして、二つの星に願うようになりました。

 

また、裁縫の糸になぞらえ、うどんやそうめんを食べるなどの習わしともなりました。

 

このように、「七夕」と書いて「たなばた」と読むのは、日本の「棚機女(たなばたつめ)」の習わしからきていると言われているそうです。
私の小さい頃の考え方は、当たらずとも遠からずでしたね!

 

本来の七夕の季節は秋だった

七夕というと夏というイメージですが、旧暦でいうと7月は秋の最初の月。立秋を迎える時期であり、古典の和歌の世界において「七夕」は秋の季語でした。

 

しかも旧暦は月の満ち欠けにしたがっているため、7日は必ず半月になります。程よい明るさで天の川もはっきりと見ることができたのではないでしょうか。

 

それに対して現代の7日7日は、梅雨の真っ最中。月齢もばらばらで、晴れても月明かりの影響で天の川がよく見えないことがあります。

 

現代の七夕は晴れる確率が約26%(東京)と低い上に、晴れても月の光に左右されるとあっては、織姫と彦星もたまりませんね。

 

スポンサードサーチ

スーパーでも売りだされたドクターズメディカル美顔器 ビューテリジェンス お肌を1歳わかわかしく!