ふたご座


基本的性格

マスク

最も大きな特徴は「二面性」です。

 

 

ふたご座の人は陽と陰の両方の性質を持っているのです。

 

好奇心旺盛で社交性もあり、活動的な面もあれば、その一方で些細な事にも傷つき、物事を悲観的に捉えてくよくよと考えるデリケートな神経を持っています。
明るくサッパリとしているように見えて、実は他人から自分はどう見られているのかを非常に気にする傾向があります。

 

 

言葉に敏感な感性を持っていて、物事を言葉で理解・整理しようとする性質を持っているため、話すことで考えをまとめたりします。

 

状況に素早く適応する能力は長けていますが、逆に困難に立ち向かう根気や忍耐等は持ちあわせていません。そのため、1つのところに長く留まることが出来ない移り気な性格ですが、上手く活かせば上手く活かせば多芸多才、さらに知識の豊富な人といわれるようになります。逆に、器用貧乏になって、何事も中途半端になってしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

 





仕事面・金銭面

頭の回転の速さと、その社交性・外向性に加え、フットワークが軽いため、仕事にプラスに作用することが多いでしょう。キャリアウーマン、仕事人間と呼ばれる人が多いです。
商才もあるためビジネス全般何をやっても、それなりの成果をあげることが可能です。

 

ただ、小金は動かせても、大金を操る度胸にはやや欠けている傾向があります。
言葉に秀でた才能が有るため、放送やライター・出版・マスコミ関係などが適しています。

 

金銭面では、しっかりしているものの、貯蓄型では無いので趣味や好きなことには浪費する傾向があります。

 

向いている仕事
新聞記者・旅行関係・マネージャー・ディレクター
向いていない仕事
事務・設計・校正

恋愛面・家庭面

好奇心旺盛なふたご座は、恋に早熟です。
いろいろな情報を収集して、年の割に、おませな子供になりそうです。

 

 

好きになると積極的にアプローチしますが、どこかクールな面があり、恋にのめり込むというより、生活の一部として楽しむ感じでしょう。

 

重たい愛は苦手なので、相手に一途に思われ、束縛されると気持ちが冷めてしまうこともあります。
結婚後、女性は家事に子育て、お金のやりくりと器用にこなすでしょう。

 

外交的な性格なため、子供が生まれても家にこもるより、外に出て多忙に暮らすほうが向いています。
また、舅や姑ともうまくやっていけます。男性も女性も、共に常に新鮮な刺激を求める傾向があるので、共に夫・妻という意識は薄く、あっさりとした結婚生活を好みます。